先進国株式インデックスファンドを変更

またまた久々の更新です。 これまで先進国株式の投資先として使っていた eMAXIS先進国株式インデックスファンドから 中央三井CMAM外国株式インデックスファンドへ乗り換えました。 理由は単純に信託報酬が安いからです。 国内株式もeMAXISシリーズで運用していますが、 近々CMAMシリーズに乗り換え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひっさびさの更新です。

2011年度のプロ野球もいよいよ開幕しましたが、私のブログはまだ開幕していませんでした。 先程、岩田がラミレスに一発打たれたのを見て、書き始めました!! 実は3月11日に住んでいる仙台で被災しました。 高校時代は地元の兵庫で阪神大震災にあいました。 ですが、阪神大震災とは比較にならないほどのすさまじい揺れでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リレー投資実施!!念願のVWO購入!!そしてVTも。

昨日、積み立てていたeMAXISシリーズの一部を売却し、 手元にあった同額の現金を、SBIのFXでドルに投入し、 すかさず現引きを行い、ドルを調達。 換金した10000ドルを用いて海外ETFを購入しました。 1.VT(バンガードトータルワールドストックETF) : 4900ドル (1口:49ドルで100口)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子供手当が入金されました。

久々の更新です。 子供手当が入金されました。52000円です。 当初の予定通り、セゾン投信の セゾンバンガードグローバルバランスファンドの買付を行いました。 当ファンドも直近では基準価格が8000円を回復してきました。 ですが、まだまだ円高ですし、世界的に株価も回復段階にあるとみて、 今回も一括で購入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近未来ニッポン 3つのシナリオ

先日アメリカの格付け会社が、とうとう日本の国債格付けを引き下げました。 国の借金は他の国と比較してもめちゃくちゃ大きく、 国民一人当たり約750万もあるらしい。 これから先どうなるのか。日経ヴェリタスで3つのシナリオが紹介されていました。 1.悲観シナリオ   国債が暴落し、長期金利は8%に上昇。日経平均も50…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

住宅ローン 残債確認

9月に中古戸建て購入。 10月から住宅ローン返済スタートがし、かれこれ4回返しましたが、 どんな感じかを確認。 1900万円のローンのうち、たったの30万弱しかまだ返済していません。 そりゃそうですね・・・・・ やはり投資に目を向けるんじゃなくて、こちらの債務を一刻もはやく手をつけないと。
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2010 の参加ブログに掲載されました!!

昨年末に投票した 投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2010の参加ブログ59の中に、 なんと私のブログも入っていました。下から2番目です。 そうそうたるブログの中に名を連ねることができました。 投票しただけだけど、なんだかうれしいです。 http://www.fundoftheyear.…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本の個別銘柄を損切りし、インデックスファンドへ追加投資。

5月頃に高値で買ってしまった花王100株をようやく売却。 一時は2000円を割ってどこまで下がるのかと思っていましたが、 QE2以降取り戻してきて、もういいか、と売却。 若干の損失が出ましたが、ここは機動性重視で、 売却後はすぐさまeMAXISシリーズに投資しました。 これで残る個別銘柄は東芝のみ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子供のお年玉を、子供のために運用。

正月にもらった子供のお年玉。 これまでは、現金でタンス貯金をしていたり、 自分達の口座に入れたりと・・・・ 子供のために、色んな人達が出してくれた大切なお金を さすがに今年からちゃんと管理しようと考えました。 プランA ・セゾン投信の’こども口座’を開設 ・低コストの’セゾンバンガー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1月の積立投資実施

今日は日本国債の格付けが下げられました。 とうとう日本の財政悪化が、格付けという形で明確に示されました。 このままでは膨れ上がっていく借金。 身の丈にあった支出の見直しと、消費税アップによる収入の増加が必須でしょう。 さて、今日は今年最初の積立投資を実施しました。 ・三菱UFJ-eMAXIS TOP…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

節約なくして投資なし!!

ポートフォリオもきちっと決まり、月々の積立額と比率も決まれば あとは暇との戦いです。 この退屈の誘惑に負けて、信用取引やFXに手をだすと・・・・ ダメなんですね。 どうやってこの退屈をクリアしつつ、投資額を上げていくか。 そうだ、節約に目を向けよう!!! 戸建てに移って4カ月。今年の冬は寒い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アセットアロケーションで採用した投資信託・ETF

悩みに悩み、決めた投資信託・ETFをまとめました。 1.国内債券   ・ソニー生命 積立利率変動型終身保険 解約返戻金      ・東京海上日動あんしん生命 長割終身 解約返戻金   ・日本国債 10年物変動 2.国内株式   ・TOPIX連動型上場投資信託    ・三菱UFJ-eMAXIS …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ポートフォリオの再構築

久々の更新となりました。 この年末年始はひたすらポートフォリオの組み直しを行っていました。 ポイントは 1.生命保険の解約返戻金のアセットアロケーションをどうするか   →間接的に国内の債券に投資しているとのことなので、国内債券とする。 2.外国債券はポートフォリオから除外すべきか   →リスクのわり…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

源泉徴収で所得税還付

今年最後のお給料を頂きました。 12月のボーナスの時点で年収、給与所得控除、各種控除、社会保険料から 12月給与時に還付されるであろう額は一応計算していました。 払い過ぎていた分、12月は帰ってきました。 サラリーマンで所得税や住民税が源泉徴収で天引きされるのは日本だけのようです。 欧米ではサラリーマン…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

終身保険の解約返戻金のアセットアロケーション

先日ソニー生命のライフプランナーに、積立利率変動型終身保険の 積立金の運用先について訪ねたところ、 予想通りではありましたが、100%国債や国内の社債で運用しているとのこと。 このことから、ポートフォリオのアセットアロケーションの一つである 国内債券に、終身保険の解約返戻金を割り当てることにしました。 間接…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソニー生命ライフプランナーに保険見直しを相談

かねてより、積立利率変動型終身保険について見直しを検討していました。 担当のライフプランナーに来ていただき、相談をしました。 見直しの内容 1.現状は積立利率終身型終身保険1300万円に2000万円の定期特約。 2.保険料は終身保険で年28万円、特約部分で3万6千円。 3.加入してまだ2年。 4.2年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

投信番付 2010年  ~日経ヴェリタスより~

今年はドバイショックに始まり、ギリシャショックでユーロが大きく下落しました。 そんな中、国内の投信で、最も資金流入があったのが国内債券ファンドだったようです。 先進国の債券の価値が下がって、不景気から先進国の株には資金は向かわない。 新興国はリスクが高すぎる。 そこで今年は比較的安全と考えられている国内の債券に目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我慢と忍耐で主婦がプロに負けない投資 ~債券投資~

これまで株の話しをしてきました。 株は 1.会社そのものの実力で株価が上下する。     2.外部要因(為替・戦争)で株価が上下する。 株価が上下する幅を抑えつつ、リターンを得る方法として分散投資を紹介しました。 一つの銘柄だけを持つのではなく、たくさんの会社の株をセットで持つ。 投資信託やETFによって、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国内債券に国債を選定

ポートフォリオの中に国内債券を組み込みたかったのですが、何で運用するか非常に迷いました。 投資信託を検討しましたが、信託報酬で0.4%も取られると、もともと期待利回りの低い国内債券なので 意味がないな、と。 最終的に個人向け国債(変動金利型10年)で運用することに決めました。 流動性があり緊急時に売却が可能で、リ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

素人のための投資教材 ~ほったらかし投資術~

人気ブロガーの水瀬ケンイチさんとエコノミストの山崎元さんが出版した本です。 一般的な個人がお金を運用する手順と方法を簡潔に分かりやすくまとめられており、非常に勉強になりました。 まさに主婦がプロに負けないためのノウハウが詰まっています。 是非是非読んでみて下さい。 ほったらかし投資術楽天ブックス 商品副デ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more