国内債券に国債を選定

ポートフォリオの中に国内債券を組み込みたかったのですが、何で運用するか非常に迷いました。

投資信託を検討しましたが、信託報酬で0.4%も取られると、もともと期待利回りの低い国内債券なので

意味がないな、と。

最終的に個人向け国債(変動金利型10年)で運用することに決めました。

流動性があり緊急時に売却が可能で、リスクも低いこと。今の超低金利が底値と判断し、変動型に決定。

今回、先進国株式・外国債券・新興国株式・国債をスポット購入し、若干目標ポートフォリオに近づきました。

10年12月現在のポートフォリオは以下の通りです。

今後は現金比率を下げて、少しずつリスク資産に配分していく予定。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック