インデックスファンドに久々の追加投資を実施

住宅購入等でなかなか投資に手が回っていませんでしたが、久々に追加投資を実施しました。 投資内容は以下の通りです。 1.eMAXIS先進国株式インデックスファンド  100,000円 2.eMAXIS新興国株式インデックスファンド  100,000円 3.CMAM外国債券インデックスe        100,000…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我慢と忍耐で主婦がプロに負けない投資 ~分散投資~②

株の個別銘柄の会社そのものの実力で上下する株価のリスクは、色んな会社に分散して投資することで 抑えることが可能です。しかし、一般人にどれだけの銘柄を個別に購入できるか。そんなに多くないはずです。 少額で多くの会社に分散投資できるもの、それが投資信託です。 投資信託は投資家から資金を集めて目的に応じて種々の企業に投資して…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

フランクリンプランナー 来年のリフィルを購入

今年は、「1日1ページ」タイプのリフィルを購入しましたが、かなり空白を残したまま終わりそうです。価値観を目標に落とし込み、目標を日々の計画に落とし込む・・・・。いや~難しいですね。振り返ってみると達成できた目標もありますが、はたしてその達成と日々への計画の落とし込みが連動しているのか。疑問でした。 日々への計画の落とし込みはか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我慢と忍耐で主婦がプロに負けない投資 ~分散投資~

株は、①会社そのものの実力で上下する、②外部環境に影響されて上下する、ことがわかりました。 株のリスクはこれら2つの要因によりますが、①の会社そのもの実力で上下する株のリスクを出きるだけ 抑えるためにはどうしたらいいでしょうか。 極端な話、今年話題になった航空会社のように会社がつぶれることが最悪のシナリオです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我慢と忍耐で主婦がプロに負けない投資 ~株式投資~

資産運用で最も一般的な投資先は株式です。 私達は会社の株を買って、値上がり益や配当益を得ることで、資産を増やすことが出来ます。 でも、購入した会社が倒産したら、私達が投資したお金は帰ってきません。 このリスクを負って、利益を得る。これが株式投資です。 では、株はなぜ上がったり、下がったりするのか。 それは2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我慢と忍耐で主婦がプロに負けない投資 ~投資って何なの?~②

資産運用としての投資先としては、具体的に株式・債券・不動産・商品などがあります。 株式について考えてみたいと思います。 会社は事業を行っていく中でお金を必要とします。ではそのお金はどのように調達しているのか。 ①自分の財布からだす。・・・・まずは人に頼らず自分で貯めたお金を使う。 ②他人からお金を借りる。・・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我慢と忍耐で主婦がプロに負けない投資 ~投資って何なの?~

多くの人はお金を貯めるためにどんな行動をするか。おそらく貯金・預金でしょう。 タンス貯金と銀行に預ける貯金は何が違うか?なぜタンスではなく銀行に預けるのか? 盗まれる心配がないから?少しでも利息がつくから? どんな理由で銀子に預けているかはさておき、実はこの貯金も立派な投資なのです。 なぜか!? 銀行は我々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我慢と忍耐で主婦がプロに負けない投資 ~なぜ投資なのか~②

前回は貯蓄や生命保険と違った投資の特徴を簡単に述べましたが、今日は自分自身に問うて下さい。 なぜ投資をするのか?何十年後に何年後にどれぐらいの資産を作っておきたいのか、そしてつくった 資産から得られる不労所得により出来る大量の時間をどう使うのか。 ここまで考えて下さい。なぜお金が必要なのか。なぜその金額なのか。出来た時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我慢と忍耐で主婦がプロに負けない投資  ~なぜ投資なのか~ ①

「投資」と言えば、常によくわからないチャートを見て売買したり、大損や大儲けしたなどの情報が流れたり、 なんかよくわからないし、危険なイメージが先行している気がします。 このように間違った雰囲気が日本には根強く残っていて、先進国の中でも個人資産の投資への振り分けは 殆どなく、貯蓄に回っています。このことは以前、本ブログで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目的別に分けていたポートフォリオを集約

教育資金、将来資産形成用、繰上返済用と目的別に分けていたポートフォリオを合算することにしました。 その中には生命保険の解約返戻金も含まれ、これについては国内債券と位置付けました。 こうして見ると目標のポートフォリオには程遠い状態だということが、さらに分かりました。 また国内の個別銘柄を高値で掴んでしまったため、塩漬け状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市場の挑発に乗らず「優雅なる無視」を ~日経ヴェリタスより~

本日の日経ヴェリタスに、「敗者のゲーム」の著者で有名な チャールズ・エリス氏のインタビューが掲載されていました。 「敗者のゲーム」でもそうですが、ここでもインデックスファンドでの運用の利点が述べられていました。 投資とは「敗者にならないためのゲームで、勝者になるためのゲームではない」ということ、を強調しています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

投資をして将来お金を得る目的は何なのか!?

今年も残り1カ月となりました。本当に一年が終わるのは早い。 私的に今年のスタートは例年と一味違いました。今年はフランクリンプランナーを昨年末に購入し、 自分の価値観(どんな風に生きていきたいのか)を達成するために、今年やるべき目標を定めました。 自分の価値観とは、将来お金がいくら欲しい、ではなくて、金利収入で不労所得を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界は調整局面で、日本株はなかなか底堅い。

中国の利上げ観測や、欧州の信用不安で世界的に株の調整局面を迎えていますね。 でもこれまでメタメタだった日本株が結構底堅い。 これまでだったら外部要因に振り回されてきた日本株ですが、なぜか底堅い。 そろそろボーナスシーズンですが、世界株を中心に運用している私としては、もっともっと下がってほしいです。 12月にはFX…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本人の貯蓄好き文化の転換の時期

本日の日経ヴェリタスより 「日本の個人金融資産は、その6割近くが現預金に集中。国内総生産の1.5倍の巨額が、年に0.1%も利を生まない「塊」として眠る。この現預金比率は米国はもちろん、3~4割の先進各国と比べても突出している。株式投資に振り向けられる比率は、米国の31%に対して、日本はわずか、6.6%だ」 日本人は貯蓄が好き…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

運用状況を更新。今のところ運用利回りは7%強!!

前回のアップから1カ月がたったので運用状況を更新しました。11月はFRBの量的緩和が一番のイベントでした。市場の予想より緩和の規模が小さかったことと、アメリカ経済の足元に明るい兆しが出てきたことから、11月3日頃から世界的に株価が上昇。日本でも9000円前半でもみもみしていた日経平均もここにきて10000円台回復。為替も3円程円安に振れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EQ2マネー日本到来!?FRBの量的緩和で潮目が変わったか!?

あれよあれよという間に日経平均が10000円を回復。以外と早い回復。5月のGWあたりのギリシャショックを皮きりに、日経平均が右肩下がりに。ユーロ安も進み、欧州での稼ぎが大きい企業の株が売られまくった。特に電気業界。ユーロが落ち着いてきたら今度はアメリカ経済の先行きに対する悲観論。梅雨頃からどんどん円高に。財務大臣のいつが必要な時がよくわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子供手当、3歳未満に20000円支給。

今年度から支給が始まった子供手当、来年度からは3歳未満の子供に対して20000円の支給になる可能性がでてきた。 実際に配偶者控除が廃止されることによる所得税のアップを考慮すると、子供の数によっては13000円では損をする家庭もあるし、子供のいない人にとっては単なる税金アップ。3歳未満の子供がいる家庭でも子供が一人の場合は何とか所得…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

複利の効果を味方につける!!

これまで投資や住宅ローンについて記事を書いてきましたが、なぜ貯蓄ではなく投資なのか。その答えは何はともあれ「複利」の効果です。 次に50万円の手元資金を元に、毎月5万円を積み立て、市場の環境が絶好調で10%の利率で30年間運用した場合を考えてみましょう。比較として5年遅れて25年間運用した場合も考えてみます。 30年間愚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おサイフケータイでポイントゲット、で大失敗。

これまでおサイフケータイを使用してEdyで決済し、TポイントをゲットしてこれをANAマイルに交換、という手順をふんでいましたが、これが大失敗だったということに今日気付きました。おサイフケータイで200円利用につき1ポイントつきますが、これをTポイントに選択していましたが、実はポイントの中にANAマイルを選択出来るということに気付きました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金融緩和で商品連動型のETFの売買代金が上昇!!

日銀の金融緩和、FRBの金融緩和でだぶついたお金が実物資産に流れて、商品連動型のETFあたりの売買代金が上昇している模様です。パラジウムや金、とうもろこしなどの価格に連動するETFが人気のようです。 パラジウムは先のノーベル賞で化学反応における触媒としての機能があることが判明し、これも後押しして価格が急上昇している模様です。金は史…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more