テーマ:個人向け国債

投信番付 2010年  ~日経ヴェリタスより~

今年はドバイショックに始まり、ギリシャショックでユーロが大きく下落しました。 そんな中、国内の投信で、最も資金流入があったのが国内債券ファンドだったようです。 先進国の債券の価値が下がって、不景気から先進国の株には資金は向かわない。 新興国はリスクが高すぎる。 そこで今年は比較的安全と考えられている国内の債券に目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国内債券に国債を選定

ポートフォリオの中に国内債券を組み込みたかったのですが、何で運用するか非常に迷いました。 投資信託を検討しましたが、信託報酬で0.4%も取られると、もともと期待利回りの低い国内債券なので 意味がないな、と。 最終的に個人向け国債(変動金利型10年)で運用することに決めました。 流動性があり緊急時に売却が可能で、リ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more