テーマ:ポートフォリオ

ポートフォリオの再構築

久々の更新となりました。 この年末年始はひたすらポートフォリオの組み直しを行っていました。 ポイントは 1.生命保険の解約返戻金のアセットアロケーションをどうするか   →間接的に国内の債券に投資しているとのことなので、国内債券とする。 2.外国債券はポートフォリオから除外すべきか   →リスクのわり…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

投信番付 2010年  ~日経ヴェリタスより~

今年はドバイショックに始まり、ギリシャショックでユーロが大きく下落しました。 そんな中、国内の投信で、最も資金流入があったのが国内債券ファンドだったようです。 先進国の債券の価値が下がって、不景気から先進国の株には資金は向かわない。 新興国はリスクが高すぎる。 そこで今年は比較的安全と考えられている国内の債券に目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我慢と忍耐で主婦がプロに負けない投資 ~債券投資~

これまで株の話しをしてきました。 株は 1.会社そのものの実力で株価が上下する。     2.外部要因(為替・戦争)で株価が上下する。 株価が上下する幅を抑えつつ、リターンを得る方法として分散投資を紹介しました。 一つの銘柄だけを持つのではなく、たくさんの会社の株をセットで持つ。 投資信託やETFによって、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国内債券に国債を選定

ポートフォリオの中に国内債券を組み込みたかったのですが、何で運用するか非常に迷いました。 投資信託を検討しましたが、信託報酬で0.4%も取られると、もともと期待利回りの低い国内債券なので 意味がないな、と。 最終的に個人向け国債(変動金利型10年)で運用することに決めました。 流動性があり緊急時に売却が可能で、リ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目的別に分けていたポートフォリオを集約

教育資金、将来資産形成用、繰上返済用と目的別に分けていたポートフォリオを合算することにしました。 その中には生命保険の解約返戻金も含まれ、これについては国内債券と位置付けました。 こうして見ると目標のポートフォリオには程遠い状態だということが、さらに分かりました。 また国内の個別銘柄を高値で掴んでしまったため、塩漬け状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界は調整局面で、日本株はなかなか底堅い。

中国の利上げ観測や、欧州の信用不安で世界的に株の調整局面を迎えていますね。 でもこれまでメタメタだった日本株が結構底堅い。 これまでだったら外部要因に振り回されてきた日本株ですが、なぜか底堅い。 そろそろボーナスシーズンですが、世界株を中心に運用している私としては、もっともっと下がってほしいです。 12月にはFX…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運用状況を更新。今のところ運用利回りは7%強!!

前回のアップから1カ月がたったので運用状況を更新しました。11月はFRBの量的緩和が一番のイベントでした。市場の予想より緩和の規模が小さかったことと、アメリカ経済の足元に明るい兆しが出てきたことから、11月3日頃から世界的に株価が上昇。日本でも9000円前半でもみもみしていた日経平均もここにきて10000円台回復。為替も3円程円安に振れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金融緩和で商品連動型のETFの売買代金が上昇!!

日銀の金融緩和、FRBの金融緩和でだぶついたお金が実物資産に流れて、商品連動型のETFあたりの売買代金が上昇している模様です。パラジウムや金、とうもろこしなどの価格に連動するETFが人気のようです。 パラジウムは先のノーベル賞で化学反応における触媒としての機能があることが判明し、これも後押しして価格が急上昇している模様です。金は史…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運用成績を更新。日本株の一人負け。

前回の更新から1カ月が経過しましたので更新しました。バンガードトータルワールドストックETFは順調に基準価格が上昇しましたが、円高が・・・・・。SBI証券でドル建てで購入しましたが、換金当時は90円丁度のころ。基準価格だけで見ると10%程度上昇していますが、円高が影響して3%程度の上昇にとどまっています。eMAXISシリーズもまずまず。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高森社中のポートフォリオ ~株式と債券の比率~

株式と債券は一般的に逆の動きをします。 景気が良くなると人は株を買います。株を買うお金は銀行で寝かしていたものを使います。 銀行で寝かしていたお金で銀行は実は国債を買っています。 預金者は銀行からお金をおろすので、間接的に国債は売られます。そうすると国債の価格は下がります。 ちなみに国債は発行時に利率が決められています。 例え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高森社中のポートフォリオ ~期待利回りとリスク~

現在目指しているポートフォリオです。債券は国内外あわせて20%で、80%は内外の株式で運用です。かなり攻めのポートフォリオです。 期待利回り5.21% 標準偏差13.71% 投資の世界では、この標準偏差をリスクと呼ぶそうです。 すなわち、標準偏差が大きい(期待利回りからの前後のバラツキが大きい)ほどリスクが高いとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more