近未来ニッポン 3つのシナリオ

先日アメリカの格付け会社が、とうとう日本の国債格付けを引き下げました。

国の借金は他の国と比較してもめちゃくちゃ大きく、

国民一人当たり約750万もあるらしい。

これから先どうなるのか。日経ヴェリタスで3つのシナリオが紹介されていました。

1.悲観シナリオ
  国債が暴落し、長期金利は8%に上昇。日経平均も5000円を割り込み、1ドル200円まで

  円安が進む。日本はギリシャやアイルランドと同じようにIMFに支援を要請。

  リーマンショックを上回る混乱が生じ、200年に1度の危機と騒がれる。

2.中間シナリオ
  失われた20年はそのまま引き続き、結局失われた30・40年となる。

  消費税は10%に引き上げられるが、社会保障費の増加が止まらない。

  長期金利は1.8%、日経平均は12000円、1ドル110円程度で推移。

3.楽観シナリオ

  「新成長戦略」を政府が押し進め、色んな規制緩和が積極的に行われる。

  政府は早々に消費税を引き上げ、財政再建を推し進める。

  長期金利は「よい金利上昇」により3%に。

  日経平均は17000円。1ドルは80円程度。本当の意味で円が安全資産に。


国債暴落論に関しては色んな人が色んなことを言っているようです

私達に出来ることは国内外の株・債券に分散投資し、コツコツ積み立てること以外ないと思います。

あと、いずれにしても金利上昇は否めないかもしれません。

国債暴落の時にはえらいことになります。

やはり、あと10年で住宅ローンはどげんかせんといかん、ですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

散歩中
2011年02月11日 12:35
あれれ?
先ほど投稿したコメントが反映されていない???
どうして???
2011年02月11日 15:40
散歩中さんこんにちは。あら?ほんとうですね。
とても貴重なご意見出下ので、もう一度お手数
ですが投稿願えませんか?
なんでだろう??
散歩中
2011年02月11日 18:51
気に入らないコメントは削除するのな。
書いた内容はね、FPなのに終身保険大事にしてるのが疑問ってこと。
しかも住宅ローンをたっぷり抱えているのに。
その理由が解約したら元本割れするからって、ブラックジョークだね。
2011年02月11日 20:04
終身保険は住宅購入を全く考えていなかった
時期に組み立てたもので、ご指摘のとおり
住宅ローンを抱えた今となっては、元本割れ
云々の前に速やかに解約すべきですね。
逓減定期か収入保障保険に見直します。

この記事へのトラックバック